仮想通貨の取引は販売所と取引所のどちらがおすすめか

仮想通貨を購入する方法は、色々あります。取引所でなくても問題ありません。販売所という業者で購入する方法も、一応あります。ただ販売所の場合は、手数料は若干高めです。取引目的で仮想通貨を調達したいなら、やはり取引所にする方が良いでしょう。

速やかに送金できる仮想通貨

仮想通貨は、確かにとても便利です。日本円とは色々異なる点があって、比較的スピーディーに送金できるメリットがあります。
円の場合は、銀行窓口の営業時間に左右される事が多いでしょう。基本的には窓口の営業時間内に送金する必要がありますから、時間帯によっては振込みが難しい事もあります。それだけに、送金に時間がかかってしまう事も多いです。
しかし仮想通貨の場合は、リアルタイムに送金する事もできます。早めに入金したい時などは、よく仮想通貨が活用されているのです。

販売所は手数料が若干高め

それで冒頭でも触れた通り、仮想通貨の調達方法も色々あります。取引所だけではありません。
一応は、販売所という業者から調達する事も可能です。人によっては、取引所よりは販売所の方が身近であると感じている事もあります。
ただし販売所には手数料のデメリットがあって、やや高めなお金を支払うケースが多いです。販売所によっては、手数料が数万円ぐらいになっている事もあります。
というのも仮想通貨には、売り値と買い値があります。その2つの価格は同一ではなく、必ず違う数字になっているのです。買値は100,300円になっているものの、売り値は100,100円といった具合です。この業者の差額が、手数料として徴収される事になります。販売所の場合は、その差額が若干高めになっている訳です。
しかし取引所の場合は、価格差はもう少し狭くなります。狭い以上は販売所ほど多くの手数料がかかる訳ではありません。ですから取引目的で仮想通貨を活用したいなら、やはり取引所を利用する方が良いでしょう。

取引しやすいシステムになっている取引所

それと取引システムの問題もあります。そもそも販売所という業者の場合は、必ずしも取引用に最適化されているとは限りません。取引というより、むしろコインを調達する目的のサービスになりますから、若干取引しづらいと感じられる事があります。
それに対して取引所の場合は、全体的に取引のシステムが充実しているのです。お金を稼ぐために取引したいなら、やはり販売所というより取引所が推奨されます。ただ取引所にも色々あります。各社はサービス内容が異なりますし、よく比較してみる方が良いでしょう。