インフルエンサーの仕組みについて

インフルエンサーとは世界に影響を与えるほどの影響力がある人物の事を指し、昔で言えばコメンテーターや芸能人の方々は世界に影響力を与えるほどの力を持っていました。そういった方々が企業の商品などを宣伝することで商品が売れて商売として成り立っていたのです。ですが最近で言うインフルエンサーとは芸能人ではなく一般の方です。その方々が報酬を得る仕組みはと言うとインスタグラムやyoutubeなどで自分を宣伝することで身につけていたり、映像や画像として注目される何かがあり、それが注目されることで一般人でありながらも企業からお声がかかり、商品を販売したり宣伝したりすることができるようになります。そのため、有名なブログなどを運営している人の場合は、企業から頼まれて商品を紹介し、報酬を得ます。報酬の得方としては、インターネット動画やブログ、インスタなどを利用して代シャン車に情報を発信させて商品が売れることで報酬を得ますが、企業から得られる報酬についてはどの位もらえると言う規定がないのでアフィリエイトの広告収入のほうが上になる場合も多いです。しかもインフルエンサーはフォロワー数などが最低でも1000人はいないと企業からしても宣伝に使用するにはリスクが大きいためフォロワー数が少ない場合企業からお声がかかることはないです。ちなみにアフィリエイトとインフルエンサーの違いとしては、商品を販売することに特化している物がアフィリエイトで、インフルエンサーはあくまで、フォローしている方々に向けていろいろな情報を発信したり、日常に置いての面白いことなどをして商品を販売することではないと言う点です。その為、動画やツイッターなどで商品ばかり紹介していると、アフィリエイトとなんら変わらず、商品を売ることだけが目的であると判断されフォロワー数が減少することもあります。フォロワーが減少すると企業としては宣伝する際に見てもらえる可能性が減るわけですから企業にとっても宣伝のし過ぎや宣伝の仕方についてどのようにさりげなく商品を紹介するかと言う手法が問われているわけです。ただ単に商品を販売するだけであればアフィリエイトやネットショップなどの方が利点があります。アフィリエイトの場合は広告で収入を得てネットショップの場合は自分で商品を管理して販売することになりますので商品を売ることに関しては工夫が必要です。インフルエンサーの場合は、どちらかと言うと、フォロワーが多い方に商品を使用してもらったりして商品を宣伝して貰う場所と考えるとインフルエンサーというものがどういったものであるか分りやすいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です